忍者ブログ
2020.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
洋画に限らず、邦画、アジア系映画のあらすじを なんでも批評
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
movingey
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、R&B
2020年04月06日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年10月30日 (Fri)

007-quantam.png出演者:
「ダニエル・クレイグ」「ジュディ・デンチ」
他豪華出演人

監督:
「マーク・フォースター」

脚本
「ポール・ハギス」

原題:
 Quantum of Solace


感想:
 前作「カジノロワイヤル」で、愛する女を奪われたボンドは、
その女を裏で操作していた組織を追及するうちに、新たに世界的な陰謀を企む組織
の存在に気づく。その組織を追っているうちに、同じようにその組織を付け狙う
女性「オリガ・キュリレンコ」に出会う。

派手なアクションとスタイリッシュな映像が見ものです。


前回で、007として認められたボンドが、
私情に流されずに精神的にも成長していく物語になっています。

今回の007「ダニエル・クレイグ」は「ライラの冒険」「ミュンヘン」などにも
出演してる芸達者で、いままでのどのボンドとも違う、緊迫感あふれる感じ
でとてもいい。
生きている以上、限界を超えていかないとね!!


他の人の感想を聞かせてください。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2No.1
フリーエリア