忍者ブログ
2020.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
洋画に限らず、邦画、アジア系映画のあらすじを なんでも批評
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
movingey
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、R&B
2020年04月06日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月01日 (Sun)


d90c7d54.png
映画:「チェンジリング」 ← お勧め

 

出演者:
「アンジェリーナ・ジョリー」「ジョン・マルコビッチ」

監督:
「クリント・イーストウッド」


原題:
 CHANGELING

提供:
 ユニバーサルピクチャーズ&イマジンエンタテインメント

あらすじ:

母親役のアンジェリーナ・ジョリーは子供が一人います。
ある日、会社から帰ってみると、息子がいなくなってます。
まんじりともせず夜を明かしその日から、警察の捜査が始まります。
数ヶ月たっても息子はみつからず、疲弊していくアンジーですが、
発見されたという知らせを受けて、駅まで迎えにいきます。
やっと息子に会えたアンジーですが、そこで思いもかけない事が!
帰ってきた息子はぜんぜん別人だったのです。
別人だと訴えるアンジーですが全く聞き入れられず、数週間を
その別人と過ごしますが、とうとう警察に間違いであることを
伝えにいきます。警察では何度行っても相手にされません。
町の牧師が警察の腐敗暴こうと、アンジーの協力を申し出ますが、
警察は対面ばかりを気にして、とうとうアンジーを精神病棟に
入れてしまいます。
他方、子供の大量殺人が見つかります。
はたして、アンジーの息子は生きているのか・・・。


アンジェリーナ・ジョリーの演技はホントすばらしい。
存在感のある女優なので、ともすれば、本人自身として
映画にでてしまいそうだが、ちゃんと母親としての演技に
なっている。

 

感想を聞かせてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2No.1
フリーエリア