忍者ブログ
2020.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
洋画に限らず、邦画、アジア系映画のあらすじを なんでも批評
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
movingey
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、R&B
2020年02月19日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月03日 (Tue)


tehshitoakuma.png映画:「天使と悪魔」← まあまあ

出演者:
「トム・ハンクス」「ユアン・マクレガー」「アーミン・ミューラー・スタール」「ステラン・スカルスガルド」
そのた出演陣


監督:
「ロン・ハワード」

あらすじ:

「ダ・ヴィンチ・コード」の続編です。前作から引き続き
主人公のロバート・ラングドンにはトム・ハンクスが起用されています。
前作で、史上最も話題となった暗号を解いた主人公に、ヴァチカンから
救援の依頼が来ます。主人公はヴァチカンがもっている秘密文書を閲覧できるという
交換条件のもと赴きます。他方で、CERN(欧州原子核研究機構:インターネットの生みの親)
でアンチマター(暗黒物質)がとうとう生成され、盗難にあいます。
コンクラーベで枢機卿が殺され、ヴァチカンに赴いたトムハンクスは、
そこで、ガリレオの時代から弾圧されてきた科学の秘密結社イルミナティが復活を遂げ、
ローマ・カトリック教会に復讐を始めた事を知らされます。
その復讐の最大の武器がヴァチカンごと吹き飛ばす、アンチマターでした。
そして、数人の枢機卿が拉致され、謎かけとともに殺されていきます。
その過程でアンチマターは市内のどこかに隠され、時限爆弾になっていることが判明します。
主人公はユアン・マクレガー演じる若き枢機卿の力を借りて、
その暗号を解きつつ、拉致された枢機卿を助けつつ、アンチマターを探します。
やっとのことでアンチマターを見つけるのですが・・・。


みどころは、主人公が東西南北ローマを走らされます。
そこで様々な名所を見ることが出来ます。いつか行ってみたいですね。


枢機卿役で出ていた「アーミン・ミューラー・スタール」もう、ずいぶん昔に
観た「マイセン幻影」の主演でして、映画の意味はわからんかったけど、
「アーミン・ミューラー・スタール」が出てたのは何故か印象に残っています。
いま観たら、意味わかるのかな。

衛兵隊隊長の役で出ていた「ステラン・スカルスガルド」は「キス★キス★バン★バン」
で主役の年老いたスパイで、名前からしてちょっとした007のオマージュ的な要素もあって、
面白かったので、お勧めです。主題歌は「クレージーケンバンド」だった。

感想を聞かせてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
天使と悪魔(59点)評価:○
総論:前作よりスケールダウンしてますが、サスペンス映画として合格。ロン・ハワード監督の大ヒット作、「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる歴史犯罪ミステリー。前作に引き続き....
URL 2010/10/26(Tue)00:19:50
←No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2No.1
フリーエリア