忍者ブログ
2020.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
洋画に限らず、邦画、アジア系映画のあらすじを なんでも批評
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
movingey
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、R&B
2020年04月06日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月02日 (Mon)


goemon.png邦画「GOEMON」

出演者:
「江口洋介」「大沢たかお」「広末涼子」「奥田瑛二」
その他 超豪華出演陣

監督:
「紀里谷和明」

あらすじ:

時は安土桃山時代、秀吉が天下統一した直後が舞台です。
江口洋介演じる大泥棒「五右衛門」は、ある日、大商人の家で
珍しい西洋の宝石箱を手に入れます。
それには信長が非業の死を遂げた、本能寺の変について
の真実が隠されていました。
それを手に入れた為に、秀吉の忍群に追われていきます。
その中には大沢たかお演じるかつての仲間、霧隠才蔵もまじっていました。
追いつ追われつするなかで、江口洋介「五右衛門」と霧隠才蔵、信長、秀吉、
服部半蔵、茶々(広末涼子)の過去の関係があきらかになり、
自由を求め続けた江口洋介「五右衛門」の生き様が浮かび上がってきます。

スタイリッシュな映像と、派手なアクション、スピーディーな展開
豪華なキャストと観るほうを飽きさせません。

監督はいわずと知れた、もと宇多田ひかるのだんなで、
「キャシャーン」を映画化した監督。

ちなみにこの大沢たかお演じる霧隠才蔵は真田十勇士の一人で、
司馬遼太郎の「風神の門」で描かれています。
実際にはいません。
一時期忍者物が好きで、司馬遼太郎の「果心居士の幻術」「梟の城」
白戸三平の「カムイ伝」「忍者武芸帳」などいろいろ読んだ
時の事を思い出しました。

さて、「キャシャーン」も面白かったけど、アニメに忠実なものを
もう一度撮って欲しいと願うばかりです。

感想を聞かせてください。

PR
2009年10月28日 (Wed)

e38be040.png映画:
「ヴィヨンの妻」

出演者:
「松たか子」「浅野忠信「室井滋」「伊武雅刀」「広末涼子」
そのた他豪華出演陣

監督
「根岸吉太郎」

感想:
 今年は太宰治生誕100周年です。
なので、太宰治の本の映画化がされています。
この「ヴィヨンの妻」です。

あらすじ:
酒は飲むは、愛人は作るは、金は盗むは、心中はするは
嘘はつくは、わがままだわほんとろくでなしに見える
浅野忠信演じる主人公は、同時に天才的な作家で、
おそらく一般的な市井の人々みたいな生活は出来ません。
 それに対して、「松たか子」は、気丈で、
美人で、だめな天才作家をサポートして行く奥さんを演じます。
そんな作家とその妻のわかりにくい愛情物語です。


映画のせりふに、
「女には幸も不幸もない、男には不幸しかない」って台詞があって
凄い納得した。

最後まで見ると、まあよかったんだろうなぁって気持ちになります。

他の人の感想を聞かせてください。

フリーエリア