忍者ブログ
2020.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
洋画に限らず、邦画、アジア系映画のあらすじを なんでも批評
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
movingey
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、R&B
2020年02月19日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月13日 (Fri)

fb66a4a3.png
出演者:
「ジョージ・クルーニー」「ティルダ・スウィントン」「シドニー・ポラック」

監督:
「トニー・ギルロイ」

原題:
 MICHAEL CLAYTON 

あらすじ:

「ジョージ・クルーニー」は企業の弁護を行う弁護士事務所に所属し、
自身も弁護士ながら、弁護の仕事はせずに、事件の揉み消しを行っています。
もみ消し屋の話です。

「ジョージ・クルーニー」は家庭にも、これからの仕事にも問題を
抱え、従兄弟と事業を起こそうとして、8万ドルの借金を抱えるなど、
複雑な背景を持つ揉み消し屋です。

その「ジョージ・クルーニー」演じる「マイケル・クレイトン」の同僚
トップ弁護士のアーサーは、巨大農薬企業とその薬害被害者たちの集団訴訟で、
農薬企業を弁護していますが、真実の重さに耐えかね、
服を脱いでおかしな行動をとり始め留置所に送られます。
巨大農薬企業の代表者として「ティルダ・スウィントン」が
法務部長を演じています。これでアカデミー賞を受賞してます。

弁護士事務所には大損害になりかねない事件なので、
ジョージ・クルーニーがもみ消しにアーサーのところに行きます。
そこでアーサーが大きな秘密を握っていることを聞かされますが、
詳しく知る前にアーサーが消され、「ジョージ・クルーニー」
も謎の暗殺者たちに狙われます。
「ティルダ・スウィントン」が指示していたのです。

その秘密を知った「ジョージ・クルーニー」は
企業の不正を暴くか、お金をせしめるかで悩みます。
サスペンスフルな話です。

感想を聞かせてください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.14No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5
フリーエリア